おもちゃの図書館全国連絡会トップバナー
トップページへ おもちゃ図書館って?のページです
全国のおもちゃ図書館ページへ おもちゃの図書館全国連絡会とは?のページへ
資料請求・各種申し込みフォームのページへ 研修会・講演会などのページへ おもちゃの図書館全国連絡会へのアクセスマップ
  ご相談窓口のページへ   情報誌「トイ・ポスト」Web版のページへ   おもちゃ図書館財団サイトへのリンク(一財)日本おもちゃ図書館財団 サイトへ
                  おもちゃの図書館全国連絡会へのフォームメール  【地図
   当サイトの画像はクリックで拡大。さらにマーククリック後、マウスホイールで拡大・縮小できます

おもちゃは、こどもの遊びを豊かにする道具です。
「おもちゃ図書館」は、障がいのある子もない子も共に、
様々なおもちゃで楽しく遊ぶことを通し、
心豊かに育ちあう場です。
「おもちゃ図書館」は、地域の様々な世代のボランティアが、
こどもたちの遊びや親子の交流の場づくりをサポートし、
一人ひとりの違いを認め合う心のバリアフリーを育み、
地域で共に暮らすことを支えます。
「おもちゃ図書館」は、笑顔で安心して暮らし続けることが、
あたりまえにできる社会を目指しています。

 
「おもちゃ図書館」って?
  「おもちゃ図書館」ってなんですか?
 「おもちゃ図書館」は、「障害のある子ども達におもちゃの素晴らしさと遊びの楽しさを」との願いから始まったボランティア活動です。
 おもちゃ図書館がスタートした当時は、障害のある子どもとそのきょうだいのための活動でしたが、現在は障害のある子どももない子どもも、ともに遊び交流し育ちあう場となっています。 そして、一人ひとりの違いを認め合い、共に生きる地域づくりをめざしています。
 子ども達は遊びの中で育ちます。おもちゃは、「遊び」を豊かにする道具です。しかし、子ども達の中には、なかなか上手に遊ぶことができない、またおもちゃにも興味を示さない子ども達がいます。
 そうした子ども達に沢山のおもちゃを用意して、気に入ったおもちゃを選んで、遊ぶ場・機会を提供し、家でも楽しく遊べるよう貸出しをするのが「おもちゃ図書館」です。

  いつから始まったの?

・世界最初のおもちゃ図書館は、1935年、大不況時代にアメリカのロスアンゼルスでオープンしました。

・家が貧しい為におもちゃを買ってもらえない子ども達が、10セントストアの店のまわりをぶらついたり、おもちゃを盗んだりすることを知った学校長が、社会資源として、トイ・ローンシステムを作り、おもちゃの貸し出しを始めたのが世界で最初のおもちゃ図書館です。

・障害児のためのおもちゃ図書館は、1963年スウェーデンで、障害のある子どもの母親二人がおもちゃを交換したことから始まり、その後イギリスで大きく発 展しました。

・日本では、1975年頃から、おもちゃによる治療教育を目的として、レコテクが試みられていましたが、国際障害者年(1981年)を契機に、ボラ ンティアの運営するおもちゃ図書館第1号が、東京都三鷹市で誕生しました。その後、おもちゃ図書館は全国的に展開されるようになりました。

  いつどこで開かれていますか?

・おもちゃ図書館にはいろいろなタイプがありますが、主として公共施設を利用して開かれています。

・開館日は各おもちゃ図書館によって異なり、月1回〜2回開館しているところが多いですが、常設館もあります。

   ⇒ 全国のおもちゃ図書館(連絡会会員のみ。.別ウィンドウ/別タブで開きます)

  誰がやっていますか?

・おもちゃ図書館は、ボランティアの人達によって運営されています。設置は社会福祉協議会・行政・保育所・学校・施設・障害児の親をはじめとした、ボランティアグループなど様々です。

・最近では、子育て支援の中のひとつの活動としてのおもちゃ図書館も生まれてきています。


  誰でもあそびに行けますか?

・対象は、おもちゃ図書館によって、障がい児優先、未就園児のみ・・等様々ですが、基本的にはどなたでも利用できます。

・保護者や保護者に代わる大人と来てください。(お子さんを預かるところではありません)

ホームページ掲載されていない詳細については、お電話かメールでお問合せください。
Copyright (C) 2001- 特定非営利活動法人 おもちゃの図書館全国連絡合 All Rights Reserved.